鉄分を摂ることで、こんな症状が改善された人もいました。

鉄瓶

1. 最後までお湯を出し切りましょう。残しておくとサビの原因になります。
2. フタを開けておきます。鉄瓶の熱で水分が蒸発します。
3. 茶だんすなどの湿気の少ない場所で保管します。次第に水分中のカルシウムが鉄瓶の内側に付着していきます。